妊娠線を予防する

Permalink

妊娠線を予防するためには、何よりも、バランスよく腹八分目の食事を心がけるという事です。妊娠するといきなり体にいい物以外食べないという方もいますが、時にはおやつなど食べてイライラを解消したりという事も必要でしょう。ただ甘いもの、塩辛いものを食べると、妊婦さんは高血圧にもなりやすいですし、妊娠糖尿病になる事もあります。妊娠中毒症と呼ばれる状態になると、赤ちゃんの健康にも、健康なお産にもかかわるので、バランスのいい食事を心がけましょう。

妊娠したら二人分食べないとという人もいますが、これは間違いです。妊娠しても一人分の食事で充分です。ただ赤ちゃんに送り込む栄養素も多くなり、特に鉄分が減少するという事もあるので、鉄分や葉酸など、おなかの中にいる赤ちゃんに必要な栄養素が含まれた食事を心がければいいことで、二人分食べるという事は必要ありません。

妊娠線を作らないためには、体重増加について、8キロから10キロくらいにとどめる事が必要です。これ以上体重が増加すると、妊娠線のリスクが高くなります。普段から体重オーバーに気を付けて、バランスのいい食事、ウォーキングなど心がけ、妊娠線予防用のクリームなどを利用されてもいいでしょう。