妊娠線ができてしまった!!

Permalink

妊娠した、新しい命が誕生するとなるとご夫婦はもちろん、ご家族、親類皆さんが喜ばれます。命の誕生は奇跡、誰もが普通に妊娠し、健康に生まれてくるという事はありません。この奇跡をしっかり守るために、ママたちはおなかに宿った赤ちゃんを10か月間にわたり、守っていくのです。

最初はおなかが大きくなることもなく、ただただつわりが苦しい・・・胸がはる・・・といった変化に苦しみます。つわりが全くないという妊婦さんもいますが、ほとんどの方が少なからずつわりの経験をします。胸が張って痛いと感じたり、イライラするママもいます。

安定期に入りいよいよおなかが少しずつ出てきます。ただ太ってきた・・という事とは全く違うおなかの成長に戸惑うママもいますが、おなかが徐々に出てくることで、ママになる自覚、妊娠しているのだ、この体の中に新しい命がいるのだという事を実感されるのです。

安定期からますますおなかが大きくなり、ここで気になってくるのが妊娠線です。妊娠線は大きくなったお腹の下の方に出てくることも多く、この場合、妊婦さんの視界に入らないことも多いので、気が付かない人もいます。お産が終わりおなかが小さくなって初めてとんでもなく本数の妊娠線ができている事に気が付き、後悔・・・・というママが多いのです。

当サイトは妊娠線がなぜできるのか、その仕組みと予防について皆様にお知らせします。当サイトで妊娠線について、少しでも理解を深めていただき予防できるように情報をお知らせする事が出来れば幸いです。